情報提供

環境技研通信
法改正等の環境に関するお役立ち情報を中心に、年6回程度発行しています。
法改正、新適用基準のお知らせ
新たに適用となる基準値などの情報を掲載しています。
規制基準値
よく使用する規制値を掲載しています。
弊社発行の規格基準集も公開しています。
試料の取り扱い方
分析試料の必要量や採取、保存、輸送方法などをご説明しています。
メールマガジン
環境関連の情報や法令等の制定・改正情報など役立つ情報をメールマガジンとして月に2回配信しています。

インフォ終わり


  • 最新技術情報
  • 設備情報
  • お問い合わせ

試料の取り扱い方

水質試料の取り扱いについて(排出水及び河川水の場合)

排出水及び河川水について、測定項目ごとのサンプル必要量を以下に示します。

測定項目 サンプル必要量(mL) 容器
排出水 河川水
pH 150 200 ポリ容器
BOD 500 600 ポリ容器
COD 100 200 ポリ容器
SS 1000 2000 ポリ容器
n-ヘキサン抽出物質 2000 5000 ガラスビン
フェノール類 250 500 ポリ容器

亜鉛
溶解性鉄
溶解性マンガン
全クロム
カドミウム

ホウ素
500 500 ポリ容器
大腸菌群数 100 100 滅菌ビン
全窒素 50 100 ポリ容器
全リン 50 100 ポリ容器
ホルムアルデヒド 100 100 ポリ容器
シアン 50 100 ポリ容器
六価クロム 50 50 ポリ容器
ヒ素 50 100 ポリ容器
全水銀 200 200 ポリ容器
アルキル水銀
有機リン
200 200 ガラスビン
ポリ塩化ビフェニル 1000 1000 ガラスビン
トリクロロエチレン
テトラクロロエチレン
ジクロロメタン
四塩化炭素
1,2-ジクロロエタン
1,1-ジクロロエチレン
シス1,2-ジクロロエチレン
1,1,1-トリクロロエタン
1,1,2-トリクロロエタン
1,3-ジクロロプロペン
ベンゼン
100 100 熱処理済み
バイアルビン
又はふらんビン
チウラム 100 500 ガラスビン
シマジン
チオベンカルブ
100 200 ガラスビン
セレン 50 150 ポリ容器
フッ素 50 500 ポリ容器
アンモニア性窒素 200 200 ポリ容器
硝酸性及び亜硝酸性窒素 50 50 ポリ容器

水質試料の取り扱いについて(飲料水の場合)

飲料水について、測定項目ごとのサンプル必要量を以下に示します。

測定項目 サンプル必要量(mL) 容器
一般細菌
大腸菌
200 滅菌ビン
カドミウム
セレン

ヒ素
六価クロム
ホウ素
亜鉛
アルミニウム

マンガン
200 ポリ容器
全水銀 200 ポリ容器
シアン 50 ポリ容器
硝酸性及び亜硝酸性窒素
フッ素
塩化物イオン
50 ポリ容器
四塩化炭素
1,1-ジクロロエチレン
シス1,2-ジクロロエチレン
ジクロロメタン
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン
ベンゼン
クロロホルム
ジブロモクロロメタン
ブロモジクロロメタン
ブロモホルム
100 熱処理済み
バイアルビン
又はふらんビン
1,4-ジオキサン 200 ガラスビン
クロロ酢酸
ジクロロ酢酸
トリクロロ酢酸
50 ガラスビン
臭素酸 50 ポリ容器
ホルムアルデヒド 50 ガラスビン
500 ポリ容器
ナトリウム 50 ポリ容器
カルシウム、マグネシウム等(硬度) 100 ポリ容器
蒸発残留物 200 ポリ容器
陰イオン界面活性剤 500 ガラスビン
ジェオスミン
2-メチルイソボルネオール
500 ガラスビン
非イオン界面活性剤 1000 ガラスビン
フェノール類 500 ガラスビン
有機物(TOC) 150 ポリ容器
pH 150 ポリ容器
色度 100 ポリ容器
濁度 100 ポリ容器
有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 100 ポリ容器

表面分析及びミクロ分析試料の取り扱いについて

表面分析

 表面分析をする際に最も問題になるのは、分析面の汚染です。表面分析は通常、数μmから数十Åの深さで情報を取り出す為、極く薄い汚染層に覆われていても正確な情報を得られません。例えば、指先で触れれば油脂や塩分が付着しますし、空気中に放置しておくだけでも炭化水素の汚染や水分の影響で分析に支障をきたすことがあります。従って、試料の分析対象部位には絶対に手を触れず、出来ればデシケータなどに入れ、水分やガス等の影響を受けないかたちで保管して下さい。
 また、試料を輸送する場合には、分析対象部位に包装や容器が接触しないよう、密閉容器内に固定して頂くと良いでしょう。ポリ袋には、貼り付き防止等のため表面にワックスが施されているものがあります。ポリ袋に試料を直接納めると目に見えませんが、このワックスが試料表面を汚してしまい、分析にならないケースがあります。使用するポリ袋は、一度お確かめ下さい。家庭の台所で使用されるアルミホイルには、こうした汚染が無いようです。試料をケースなどに納められない場合は、有機溶剤などで洗浄する必要があります。この時に使用する有機溶剤は、試料の材料成分や汚染成分、調査の目的などをよく考慮して選択しなければなりません。

ミクロ分析

 ミクロ分析の多くは、異物や介在物が対象です。発見時の状況や周囲の様子、発見に至るまでの経緯は、後の分析及び発生源、発生のメカニズムを解明するための重要な情報となる場合が少なくありません。できるだけ、発見時の状況を保持するか、写真撮影をしておくことをお勧めします。多くの場合、その使用材料や製造工程、周辺環境の中に発生源があります。製品が経てきた工程をよく観察して下さい。製品の包装、容器の破損はありませんか?製造工程に汚れや損傷部分はありませんか?ミクロ分析の場合も表面分析と同様、数μmから数十Åの深さで情報を取り出すため、僅かな事後の汚染も支障となります。分析スポットサイズが小さい分、更に注意しなくてはいけません。
 輸送する際の注意は、表面分析と同様ですが、脱落などして失われることのないような配慮が必要です。分析をご依頼する際には、予め撮影した写真や書き写した図などを添えて、分析対象位置や異物の有る場所を明確にして頂けるとと万が一の間違いもないでしょう。


ページトップへ