情報提供

環境技研通信
法改正等の環境に関するお役立ち情報を中心に、年6回程度発行しています。
法改正、新適用基準のお知らせ
新たに適用となる基準値などの情報を掲載しています。
規制基準値
よく使用する規制値を掲載しています。
弊社発行の規格基準集も公開しています。
試料の取り扱い方
分析試料の必要量や採取、保存、輸送方法などをご説明しています。
メールマガジン
環境関連の情報や法令等の制定・改正情報など役立つ情報をメールマガジンとして月に2回配信しています。

インフォ終わり


  • 最新技術情報
  • 設備情報
  • お問い合わせ

水質汚濁防止法 一律排水基準(健康項目)

 特定施設を設置する工場又は事業場(これらを特定事業場と言います)からの排出水については、排出基準を遵守する事が義務付けられています。
 排水基準により規定される物質は大きく2つに分類されており、ひとつは人の健康に係る被害を生ずる恐れのある物質(有害物資)を含む排水に係る項目(健康項目)、もうひとつは水の汚染状態を示す項目(生活環境項目)であり、有害物質に係る基準は下表のとおりです。

有害物質に係る一律排水基準
昭和46年6月21日 総理府令第35号 別表1
有害物質の種類 許容限度
カドミウム及びその化合物 カドミウムとして0.03mg/L
シアン化合物 シアンとして1mg/L
有機燐化合物(パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン及びEPNに限る。) 1mg/L
鉛及びその化合物 鉛として0.1mg/L
六価クロム化合物 六価クロムとして0.5mg/L
砒素及びその化合物 砒素として0.1mg/L
水銀及びアルキル水銀、その他の水銀化合物 水銀として0.005mg/L
アルキル水銀化合物 検出されないこと
ポリ塩化ビフェニル 0.003mg/L
トリクロロエチレン 0.3mg/L
テトラクロロエチレン 0.1mg/L
ジクロロメタン 0.2mg/L
四塩化炭素 0.02mg/L
1,2-ジクロロエタン 0.04mg/L
1,1-ジクロロエチレン 1mg/L
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.4mg/L
1,1,1-トリクロロエタン 3mg/L
1,1,2-トリクロロエタン 0.06mg/L
1,3-ジクロロプロペン 0.02mg/L
チウラム 0.06mg/L
シマジン 0.03mg/L
チオベンカルブ 0.2mg/L
ベンゼン 0.1mg/L
セレン及びその化合物 セレンとして0.1mg/L
ほう素及びその化合物 海域以外の公共用水域に排出されるものにつきほう素として10mg/L、海域に排出されるものにつきほう素として230mg/L
ふっ素及びその化合物 海域以外の公共用水域に排出されるものにつきふっ素として8mg/L、海域に排出されるものにつきふっ素として15mg/L
アンモニア、アンモニア化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物 アンモニア性窒素に0.4を乗じたもの、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素の合計量100mg/L
1,4-ジオキサン 0.5mg/L
備考
1. 「検出されないこと」とは、第2条の規定に基づき環境大臣が定める方法により排出水の汚染状態を検定した場合において、その結果が当該検定方法の定量限界を下回ることをいう。
2. 砒素及びその化合物についての排出基準は、水質汚濁防止法施行令及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令(昭和49年政令第363号)の施行の際、現にゆう出している温泉(温泉法(昭和23年法律第125号)第2条第1項に規定するものをいう。以下同じ)を利用する旅館業に属する事業場に係る排出水については、当分の間、適用しない。

 


ページトップへ