情報提供

環境技研通信
法改正等の環境に関するお役立ち情報を中心に、年6回程度発行しています。
法改正、新適用基準のお知らせ
新たに適用となる基準値などの情報を掲載しています。
規制基準値
よく使用する規制値を掲載しています。
弊社発行の規格基準集も公開しています。
試料の取り扱い方
分析試料の必要量や採取、保存、輸送方法などをご説明しています。
メールマガジン
環境関連の情報や法令等の制定・改正情報など役立つ情報をメールマガジンとして月に2回配信しています。

インフォ終わり


  • 最新技術情報
  • 設備情報
  • お問い合わせ

敷地境界上の特定悪臭物質、臭気指数の基準

平成16年3月26日 群馬県告示第159号(平成22年群馬県告示第23号改正)

1 規制地域

 桐生市・沼田市・館林市・渋川市・藤岡市・富岡市・安中市・吉岡町・下仁田町・片品村・川場村・明和村・みなかみ町・玉村町・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町の7都市12町村について区域の区分(指数13,15,21区域)が定められています。また、特例市である前橋市、高崎市、伊勢崎市及び太田市は悪臭防止法施行令第3条の規定に基づき、それぞれ独自に規制地域・規制基準を定めています(別表3参照)。

2 規制基準

(1) 敷地境界線の地表における特定悪臭物質の規制基準(悪臭防止法第4条第1項第1号)は表1のとおりです。

表1 敷地境界線の地表における特定悪臭物質規制基準
規制物質            /             区域 A区域(ppm) B区域(ppm)
アンモニア 1 5
メチルメルカプタン 0.002 0.01
硫化水素 0.02 0.2
硫化メチル 0.01 0.2
二硫化メチル 0.009 0.1
トリメチルアミン 0.005 0.07
アセトアルデヒド 0.05 0.5
プロピオンアルデヒド 0.05 0.5
ノルマルブチルアルデヒド 0.009 0.08
イソブチルアルデヒド 0.02 0.2
イルマルバレルアルデヒド 0.009 0.05
イソバレルアルデヒド 0.003 0.01
イソブタノール 0.9 20
酢酸エチル 3 20
メチルイソブチルケトン 1 6
トルエン 10 60
スチレン 0.4 2
キシレン 1 5
プロピオン酸 0.03 0.2
ノルマル酪酸 0.001 0.006
ノルマル吉草酸 0.0009 0.004
イソ吉草酸 0.001 0.01

 (2) 気体排出口における特定悪臭物質の規制基準(悪臭防止法第4条第1項第2号)
 (1)で定める規制基準を基礎として、悪臭防止法施行規則(昭和47年総理府令第39号)第3条に規定する方法により算出した特定悪臭物質(メチルメルカプタン、硫化メチル、二硫化メチル、アセトアルデヒド、スチレン、プロピオン酸、ノルマル酪酸、ノルマル吉草酸及びイソ吉草酸を除く。)の種類ごとの流量としています。
 ① 悪臭防止法施行規則(昭和47年総理府令第39号)第3条
   (排出口における特定悪臭物質の流量又は濃度に係る規制基準の設定方法)
         q = 0.108 × He2・Cm
         q:流量(m3N)   He:補正排出口高さ   Cm:規制基準値(ppm)
(3) 敷地外における特定悪臭物質の規制基準(排出水)(悪臭防止法第4条第1項第3号)は表2のとおりとしています。

表2 敷地外における特定悪臭物質の規制基準(排出水)
特定悪臭物質 排出水量
(m3/sec)
区域の区分
A区域(mg/L) B区域(mg/L)
メチルメルカプタン 0.001以下 0.03 0.2
0.001~0.1 0.007 0.03
0.1以上 0.002 0.007
硫化水素 0.001以下 0.1 1.0
0.001~0.1 0.02 0.2
0.1以上 0.005 0.05
硫化メチル 0.001以下 0.3 6.0
0.001~0.1 0.07 1.0
0.1以上 0.01 0.3
二硫化メチル 0.001以下 0.6 6.0
0.001~0.1 0.1 1.0
0.1以上 0.03 0.3

 (4) 敷地境界線の地表における臭気指数の規制基準(悪臭防止法第4条第2項第1号)は表3のとおりとしています。

表3 敷地境界線の地表における臭気指数の規制基準
区域の区分 指数13区域 指数15区域 指数21区域
臭気指数 13 15 21

 


ページトップへ