保有設備情報

情報提供

環境技研通信
法改正等の環境に関するお役立ち情報を中心に、年6回程度発行しています。
法改正、新適用基準のお知らせ
新たに適用となる基準値などの情報を掲載しています。
規制基準値
よく使用する規制値を掲載しています。
弊社発行の規格基準集も公開しています。
試料の取り扱い方
分析試料の必要量や採取、保存、輸送方法などをご説明しています。
メールマガジン
環境関連の情報や法令等の制定・改正情報など役立つ情報をメールマガジンとして月に2回配信しています。

インフォ終わり


  • 最新技術情報
  • 設備情報
  • お問い合わせ

デジタルマイクロスコープ

当センターの光学顕微鏡写真はコレ、最先端の観察ツール

従来の光学顕微鏡との違い
異物の分析や障害解析は、まず光学顕微鏡で観察し、試料の様子や状況を把握することから始まります。そして、必要に応じて写真撮影を行います。しかし、従来の光学顕微鏡では観察される様子を実体どおりに写真におさめることは非常に難しく、焦点の合っていないところはボケていたり、光沢のある部分は白く光ってしまいました。照明の光量を調整したり、角度を変えたりと対処しても、満足のいく写真を撮影するには苦労が耐えませんでした。そもそも光学顕微鏡写真は焦点と絞りが固定された単眼の映像なので、一枚の写真ですべてを明瞭に写し出すことはできません。しかし、顕微鏡から覗いて観える様子はとても鮮明です。これは、ヒトの視覚がとても優れているからです。視野をずらし、また焦点と絞りを変化させながら脳で映像を合成し、非常に幅広い焦点と明るさレンジの画像に置き換えて記憶しています。このデジタルマイクロスコープはこれと良く似た手法で画像を記録し、たくさんの情報提供をしてくれます。
 
主な特徴①:【深度合成機能】
デジタルマイクロスコープはズームレンズとCCDカメラ、オートフォーカス電動スタンド、コンピュータで構成される顕微鏡です。焦点をずらしながら連続撮影した後に、焦点の合った部分だけが合成された1枚の画像が得られます。凹凸の大きな試料もこの深度合成により、全体に焦点のあった画像になります。
 
DM-2.jpg DM-1.jpg
通常の焦点深度で
撮影したビス
焦点深度合成で
撮影したビス
  RSS-1.jpg
キーエンス デジタルマイクロスコープ
VHX-1000
 
主な特徴②:【ハレーション除去機能】
光の反射がきつい対象物のギラつきを取り除き、見たい部分をより鮮明に写し出す機能です。このハレーション(乱反射)除去は光沢のある金属などの表面を観 察する時に有効です。これは画面全体の観察状態を察知し、その状態に適応させた明るさを調整し、画素単位でコントラストの改善を行うというものです。
   
DM-3.jpg通常の光学写真 DM-4.jpgハレーション除去後

 


ページトップへ