放射能・放射線測定

情報提供

環境技研通信
法改正等の環境に関するお役立ち情報を中心に、年6回程度発行しています。
法改正、新適用基準のお知らせ
新たに適用となる基準値などの情報を掲載しています。
規制基準値
よく使用する規制値を掲載しています。
弊社発行の規格基準集も公開しています。
試料の取り扱い方
分析試料の必要量や採取、保存、輸送方法などをご説明しています。
メールマガジン
環境関連の情報や法令等の制定・改正情報など役立つ情報をメールマガジンとして月に2回配信しています。

インフォ終わり


  • 最新技術情報
  • 設備情報
  • お問い合わせ

群馬県内初!! 放射能測定に関し「ISO/IEC 17025」認定取得

 RoHS分析に続き放射能測定においても「ISO/IEC 17025」認定を取得しました。
これにより、弊社試験所が提供するデータは、その認定範囲において国際的に信頼性が保証され、国内のみならず世界各国間の相互認証*1を得ることができます。
 

お客様のメリット  

<輸出品の場合>
・ワンストップテスティング
ISO/IEC 17025の認定を受けた試験所による試験結果は、WTO加盟国・地域でも通用します。従いまして、輸出先で再び検査を受ける必要がなくなります。

 

<国内流通品(食品)の場合>
・農林水産省通知「食品中の放射性物質に係る自主検査における信頼できる分析等について(24食産第445号:平成24年4月20日)」に対応
 現在、数多くの放射能検査会社がありますが測定精度はどこも同じとは限りません。そこで、農林水産省は食品産業団体に対し放射能検査を実施する際に「信頼できる分析の要件」を満たすようにとの通知を出しています。この通知における要件の中で「ISO/IEC 17025の認定を取得していること」が紹介されています。

 radio_2.jpgradio_5.JPG

群馬県の民間検査会社でゲルマニウム半導体検出器を複数台保有しているのは弊社のみです。
正確で迅速な放射能検査の実施により、食の安全安心に貢献させて頂きます。

認定取得試験所 株式会社環境技研 事業部試験所部門
認定取得日 2012年10月20日
認定番号 RTL02740
認定範囲

‐食品中の放射性セシウム検査法(平成24年3月15日 厚生労働省 食安発0315第4号 別添)
  試験対象項目:Cs-134、Cs-137
  試験対象品目:飲料水、乳児用食品、乳及び乳製品、一般食品

‐緊急時における食品の放射能測定マニュアル(平成14年 厚生労働省)
  第2章 食品中の放射能の核種分析法
  2.ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法
  試験対象項目:I-131
  試験対象品目:食品
 

 (詳細は、公益財団法人 日本適合性認定協会のホームページをご覧下さい。)



*1:「貿易の技術的障壁の低減と除去のための国際協定(WTO TBT)」に基づき、他のWTO加盟国・地域において相互認証が得られます。


 

料金・納期・各種ご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:027-372-5111 担当:安全性評価グループまたは営業部


ページトップへ